ごあいさつ

玉野市の皆様

いよいよ桜爛漫の候となりました。
ずっとご心配をおかけしていました玉野市民病院の運営につきまして、4月1日より経営指導者として事業管理者の玉野市の黒田市長をサポートして、市民病院の運営のお手伝いをすることとなりました。何卒宜しくお願いします。
本当に市民のための病院になれるように最大限の努力をさせていただきます。ことわらない医療を目指して職員一同と共に努力を続けます。
院長以下全職員が同じ方向を向いて歩き出します。市民の皆様には温かく見守って頂いて、市民病院が真の市民のための病院になれるようにご期待ください。

平成28年 4月 1日
経営指導者武久 洋三

経歴

武久 洋三
1942年生まれ
1966年
岐阜県立医科大学卒業。
1971年
徳島大学大学院医学研究科修了。
1984年 1月
博愛記念病院開設。
1996年 3月
社会福祉法人平成記念会理事長就任。
1999年11月
医療法人山口平成会理事長就任。
2000年 3月
医療法人社団南淡千遙会理事長就任。
2000年11月
医療法人社団幸仁会理事長就任
社会福祉法人幸仁会理事長就任。
2000年12月
社会福祉法人兵庫福祉会理事長就任。
2002年 8月
社会福祉法人関西中央福祉会理事長就任。
2004年 1月
医療法人康生会理事長就任。
2004年11月
医療法人社団光陽会理事長就任。
2006年 4月
社会福祉法人和生福会理事長就任。
2007年 1月
一般財団法人岸和田農友協会理事長就任。
2007年 4月
平成リハビリテーション専門学校校長就任。
2008年 4月
日本慢性期医療協会会長就任。
2008年 7月
医療法人恵泉会理事長就任。
2009年 8月
財団法人多摩緑成会理事長就任。
2009年10月
医療法人社団大和会理事長就任。
2012年 3月
医療法人松風会理事長就任。
2013年 4月
医療法社団西宮回生病院理事長就任。
2013年12月
医療法人横浜平成会理事長就任。
2015年 1月
医療法人一誠会理事長就任。
2015年 9月
社会福祉法人六心会理事長就任。

【主な公的委員】

  • 一般社団法人日本慢性期医療協会 会長
  • 厚生労働省 社会保障審議会医療保険部会 委員
  • 厚生労働省 社会保障審議会介護保険部会 委員
  • 厚生労働省 社会保障審議会介護給付費分科会 委員
  • 厚生労働省 医療介護総合確保促進会議 構成員
  • 厚生労働省 地域医療構想策定ガイドライン検討会 構成員
  • 経済産業省 次世代ヘルスケア産業協議会 委員
  • 経済産業省 事業環境WG主査 など

【主な著書・論文】

<著書>
「よい慢性期病院を選ぼう」
「よいケアマネジャーを選ぼう」
「高齢者用基本治療マニュアル64」
「在宅療養のすすめ」(いずれも株式会社メディス)など

<論文・インタビュー等(主な掲載誌)>
日本慢性期医療協会機関誌JMC、日本老年医学会雑誌、月刊新医療、月刊保険診療、四国医学雑誌、診療と新薬、薬理と治療、日独医報、臨床栄養、老人医療ニュース、介護ジャーナル、LTCロング・ターム・ケア、看護技術、栄養 評価と治療、月刊経団連、医療産業情報、中四国医事新報、集中Medi Con.医療の最前線、日本医事新報、フェイズ・スリー、医療タイムス、Visionと戦略、月刊シニアビジネスマーケット、日本医療法人協会ニュース、月刊ケアマネジメント、日経ヘルスケア、週刊社会保障、CLINIC magazine、薬事ニュース、全国老人保健施設協会機関誌 老健、医療白書、医療経営白書、病院経営、病院、日本病院会雑誌、日本医療・病院管理学会誌、週刊医学のあゆみ、内科、月刊経団連、精神医学、CLINIC BAMBOO、社会保険旬報、介護保険情報、日経メディカル、月刊介護保険、医療と社会、病院羅針盤、地域ケアリング、MMPG医療情報レポート、より良い医療を作る会報誌COML(コムル)、高齢者住宅新聞、シルバー産業新聞、全国保険医新聞、福私病ニュース、朝日新聞、福祉新聞、週刊病院新聞、TKC医療経営情報、週刊ダイヤモンド、MEDIFAX、メディ・ウォッチ、医療介護CBニュース、ケアネット・ドットコム など

【資格】

日本内科学会認定内科医、日本リハビリテーション医学会認定臨床医、介護支援専門員、介護支援専門員指導員、ケアマネジメントリーダー、日本臨床検査医学会臨床検査管理医、日本糖尿病協会療養指導医、認知症サポート医