基本理念・方針

基本理念

地域医療の拠点病院をめざし、急性期から亜急性期、回復期へと切れ目のない医療を提供します。
地域包括医療の機能を有した病院として市民に安全と安心を提供し、健康と心の支えとなる病院運営に努めます。

『包括医療』とは

地域包括医療(ケア) は、治療(キュア)のみならず、保健(健康づくり)、在宅ケア、リハビリテーション、福祉・介護まで 全てのサービスを包含する全人的医療を行うもので、住民が住みなれた場所で安心して生活出来るように そのQOLの向上をめざすもの(全国国民保険診療施設協議会より)

基本方針

  1. 患者の皆様の権利を尊重し、個人情報の保護に努めます
  2. 患者の皆様・ご家族との対話を通して、わかりやすい医療を行います
  3. 地域の医療との連携を充実させるとともに専門性の高い医療を推進します
  4. 安全で快適な医療環境の整備と職員の意識を高め、安全な医療を進めます
  5. 財政的基盤を強固にし、安定した経営の維持に努めます

患者の権利

  1. 患者は良質かつ安全な医療を平等に受ける権利があります
  2. 患者はいかなる状態においても人間としての尊厳を尊重される権利があります
  3. 患者は医療上の情報・治療法について詳細な説明を受ける権利があります
  4. 患者は医療の過程で得られた個人情報を保護される権利があります
  5. 患者は自身の診療に関する情報を知る権利を有し、情報の開示を受ける権利があります
  6. 患者はセカンドオピニオンを受ける権利があり、治療法を自己決定する権利があります

ご協力頂きたい事項

  1. 良質な医療を実現するため、医療スタッフにご自身の健康に関する情報を正確に提供してください
  2. 療養上の指導や指示に従い、医療に積極的に取り組むことが求められます
  3. 他の患者さんの医療および職員の業務に支障を来さないように配慮してください