地域包括ケア病床

地域包括ケア病床とは

急性期病院から在宅復帰への橋渡し


高度急性期病院等で治療を受けた患者さんの中には、急性期治療が終わってもまだまだしっかりと治療が必要な患者さんがいらっしゃいます。
地域包括ケア病床ではそういった急性期病院からご紹介の患者さん、またご自宅や施設で肺炎や発熱で体調を崩された患者さんをお受入れし、医療、看護、リハビリテーションを積極的に行い在宅復帰を目指す病棟です。
在宅復帰をスムーズに行うために、医師、看護師、リハビリスタッフ、在宅復帰支援担当者等が協力して効率的に患者さんのリハビリテーションや在宅支援(相談・準備)を行っていきます。