回復期リハビリテーション病棟

「回復期リハビリテーション病棟」をご存じですか?

患者様ひとりひとりの笑顔のために、私たちは心をこめてお手伝いいたします。

治療や手術後の早期自宅復帰へのバックアップ、在宅生活へのサポートなど万全のチーム医療で在宅復帰を応援します。
回復期リハビリテーション病棟とは、脳血管疾患または大腿骨頚部骨折等の患者様に対して、ADL(日常生活動作)能力の向上による寝たきりの防止と家庭復帰を目的としたリハビリテーションプログラムを医師、看護師、理学療法士、作業療法士等が協同で作成し、これに基づくリハビリテーションを集中的に行う病棟です。

入院対象となる患者様

リハビリテーションではいろいろな病気を診療しますが、特に「活動の制限」を起こす病気はほとんどが対象となります。

  • 脳血管疾患、脊髄損傷等の発症後若しくは手術後2か月以内
  • 大腿骨、骨盤、脊椎等の骨折の発症後若しくは手術後2か月以内
  • 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後2か月以内
  • 大腿骨、骨盤、脊椎等の神経筋又は靱帯損傷後1か月以内
  • 股関節又は膝関節の置換術後1か月以内

回復期チャート

病棟専従スタッフ

病棟専従スタッフ

理学療法士・作業療法士が患者様の状態にあわせて治療プログラムをたて実施します。
スタッフ間で情報を交換し、共通の目標を掲げ家庭・社会復帰へ向けた支援を行います。

当院の特徴

回復期リハビリテーション病棟は、瀬戸内海を望む5階に設置されています。1つ上の6階には理学療法室、作業療法室が整備されており、リハビリが行いやすい環境となっております。
私たちは起床から就寝に至る1日の生活の流れ(整容・更衣・移動・食事・排泄・入浴など)の動作全てをリハビリテーションの一環と考え、患者様一人一人の家庭・社会生活への復帰を目指し、個々に合わせた援助を行っています。

当院の家庭・社会復帰までの大まかな流れ

家庭復帰された場合も患者様の不安を取り除くようフォローを行っていきます。

フロー