看護部

看護部長からのメッセージ

玉野市民病院看護部は、病院の理念に基づいて患者様を尊重し、安全で安心し、 満足していただける看護サービスを提供できることを目標に努力しています。 知識技術の習得のみならず、患者様とご家族に寄り添える人間性豊かな看護師の育成に取り組んでいます。  
患者様に少しでも早く回復していただけるよう、院内・外の様々な職種の方々と連携・協働しながら、 常に患者様の視点に立った、質の高い看護サービスを提供し、地域の皆様に信頼される病院づくりをめざしています。

看護部長西 令子

看護部理念

「患者本位の看護を提供する」

患者様を尊重し、患者様中心の看護を実践します。

看護部の目標

「患者満足の追求」

患者様に安全で、安心し、満足いただける看護サービスを提供します。

看護方式

入院から退院までを受け持つ継続受け持ち制で、固定チームナーシング方式をとっています。

勤務体制

深夜勤・日勤・準夜勤の三交替制をとっています。

教育理念

玉野市民病院看護部の理念に基づいて質の高い看護を実践できる看護職員を育成する。

教育目標

  1. 市民のニーズに対応する看護が実践できる知識、技術、態度を養う。
  2. 倫理的配慮を基に、患者本位の看護を提供できる。
  3. 職業人としてのキャリアアップを目指し、主体的に学習できる。
  4. 玉野市民病院としての自覚を持ち、円滑な人間関係を持つことが出来る。

教育システム

新人教育

プリセプター制を導入しています。全職員が、新人職員に関心を持ち、皆で育てることを基本にしています。 厚生労働省の示した新人教育マニュアルに沿って、院内・外で個人に合わせた指導を行っています。

継続教育・専門性の向上

個人の学習ニーズと目標を尊重し、キャリア開発への支援をしています。 看護の質向上をめざし、院外への研修参加・認定看護師・臨床指導者講習会・ ファーストレベル等スペシャリスト資格取得のための支援も行っています。

院内・院外研修

当院看護部は、新人からベテランナースの経験を踏まえ経年別プログラムでサポートしています。 各委員会の活動も活発に機能しており、全体研修も充実しています。 岡山県看護協会の研修をはじめ院外研修・学会への参加の支援を行っています。

看護研究

多忙の中でも、毎年研究発表会を開催し、看護の質向上に役立っています。 自治体病院はじめ全国へ向けての発表も積極的に行っています。

看護部の概要・紹介

病棟看護科

6F:一般病棟
患者様が安心して快適な入院生活を行っていただけるように、思いやりのある看護を提供します。
5F:回復期リハビリテーション病棟・地域包括ケア病床
大腿骨骨折や脳血管疾患の方の在宅復帰に向けて総合的なリハビリテーション医療を提供する病棟です。
また、地域包括ケア病床では積極的な医療・看護・リハビリテーションを行うことで、早期に在宅復帰を目指す病床です。
4F:障害者施設等病棟
長期療養が必要で集中的な医療処置を必要とされている患者さんに、安心して療養生活をしていただける病棟です。
3F:病後児保育
働くお母さんの支援として、ベテラン保育士さんがお子さんを保育しています。

外来看護科

2F:人間ドック・地域連携室・医療社会事業部(医療相談)
人間ドックを快適に受診し、健康維持・増進に役立てて頂けるよう努めています。医療福祉に関するご相談も専門の社会福祉士が承ります。他病院・福祉施設から、地域の皆様が安心して受診・入退院ができますよう援助致します。また、在宅での継続的看護が必要な場合、当院の看護師による訪問看護も可能です。是非ご利用ください。
外来:内科・小児科・泌尿器科・外科・整形外科・婦人科・麻酔科・眼科・耳鼻咽喉科・脳神経外科
患者さんに安心してもらえる外来!元気になってもらえる外来!をめざしています。家族のように、そしてプロとしての知識を持ってお役に立ちたいと頑張っています。各科予約制をとり、待ち時間の短縮にも取り組んでいます。