外来化学療法部

がんの治療について

がんの発症は年々増加しており、生涯において男性では2人に1人、女性では3人に1人が何らかのがんと診断されています。 がんはもはや身近な疾患として認識されています。がんの治療方法には主に外科的手術、抗がん剤治療(化学療法)、 放射線治療の3つがありそれぞれを組み合わせた集学的治療が行われています。

がんの手術では

根治的手術ではがんを発症した臓器とその臓器に関与するリンパ節郭清が必要です。 根治手術が困難な進行がんの場合は抗がん剤治療でがんを縮小させて手術を、 または手術不可能な場合では更に抗がん剤治療や放射線治療を組み合わせて行います。 近年の手術技術の進歩に伴い、当院でも早期がん症例では切開して切除する方法から内視鏡を用いた負担の少ない手術法を積極的に取り入れています。

抗がん剤治療は

手術不適例のほか、多くは手術後の再発・転移予防あるいは再発・転移発症の治療として行います。 根治的手術後には病理組織学的検討にてがんの進み具合(病期)を決定し、抗がん剤治療の是非を決定します。

抗がん剤治療の現場は外来が主流

外来化学療法は抗がん剤投与を必要とする患者様にとって入院による時間的、精神的、 金銭的負担を軽減するだけでなく、社会生活(働きながら)や日常生活(私的な時間)を維持した、 いわゆるquality of life(QOL)を優先した治療方針といえます。 新規抗がん剤の開発や副作用対策の向上も外来化学療法を普及させています。 玉野市においても抗がん剤治療の拠点として、安心して治療を受けられる総合的かつ機能的な医療施設が求められています。

最適な抗がん剤の選択には

各臓器の抗がん剤治療には有効性が認められた(科学的根拠に基づいた医療)全国共通の治療方針(標準的治療法)と、 がんの種類や発育様式に応じて効果的と考えられる抗がん剤の併用療法、 がんに特異的な抗がん剤(分子標的治療薬など)による治療があります。 当院では標準的治療法を中心とした抗がん剤の選択を症例毎にがん治療認定医(外科医常勤2名)がサポートします。

外来化学療法室を新設しました

外来化学療法室

当院では主に外科外来にて抗がん剤治療を展開していましたが、 がん症例の増加と治療環境改善に対応すべく外来化学療法室を新設することになりました。 同室内にはリクライニングチェアー3席、ベット3床が配備され、TV・音楽視聴をしながらリラックスした環境で治療を受けることができます。 抗がん剤治療を必要とする患者様にはより快適で機能的な治療環境の中で安全確実な外来化学療法をうけていただくことになります。

外来化学療法当日は

従来どおり予約診療科にて血液検査、主治医による診察の後、 外科外来に隣接する外来化学療法室に移動していただきます。 化学療法は4時間に及ぶ場合もあります。治療中の飲食は治療に支障のない限り摂取していただいても構いません。

入院治療が必要なことも

外来での化学療法は患者様と医療者の接点が入院治療よりもどうしても少なくなるため、 安全確保に充分に配慮し、副作用の予防と発現時の緊急対応が必要です。 以下にあげるような状況では入院治療が適応となります。

  1. 重篤な副作用を認めた場合(好中球減少による感染症発症、輸血を必要とする溶血性貧血、アレルギー症状増悪、消化管潰瘍など)
  2. 全身状態が不安定な場合(栄養状態の低下、緩和化学療法への変更時など)
  3. 抗がん剤の初回投与時あるいは投与時間が長期に及ぶ場合
  4. 基礎疾患の治療を要す場合(腎不全や糖尿病のコントロールなど)

玉野市在住の方や当院(最寄の医療施設)での加療を希望される方

他の医療施設から玉野市内での抗がん剤治療の継続を希望される方も受け入れ可能です。 外来化学療法をご自宅の最寄りの医療施設で継続できればかなりの負担軽減になります。 地域連携室を通じて医療情報の授受が可能です。当院地域連携室までご相談ください。