診療部

肝臓病部門

C型慢性肝炎への取り組みについて

現在国民病の一つに位置づけられているC型慢性肝炎への取り組みについて紹介する。C型慢性肝炎は、C型肝炎ウイルスの感染をきっかけとして、鉄代謝異常、糖代謝異常等を引き起こし、これらの代謝異常をベースとした酸化ストレスによって進行する病態がその本体であることが分かってきた。したがって、その治療に当たっては、抗ウイルス薬、肝庇護剤、除鉄を目的とした瀉血、鉄制限食、カロリーコントロール、運動等の集学的治療が、より大きな効果につながる。
当施設は、これら治療の中で、瀉血、鉄制限食療法の開発、確立に当初より積極的に参加し、瀉血療法の保険適応のベースになる多施設共同研究にも加わり、鉄制限療法は当院のオリジナルである。このようなアプローチは、従来の臨床医学領域になかった新しいフロンティアであり、若い力の参加によって、より大きな成果が期待できる。平成21年予定の「第33回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会」においては、会長施設としてその開催に向けて積極的に取り組んでいる。国内外の学会、論文発表も活発に行っており、このような学術活動への病院のサポートも充実している。

肝臓を守るための新しい食事療法(鉄摂取制限療法)

肝臓を守るための栄養学を取り入れた食事療法をご紹介します。

  • 肝臓を守るための新しい食事療法(鉄摂取制限療法)

消化器内視鏡部

ピロリ菌について

  • あなたは大丈夫?!ヘリコバクターピロリ(ピロリ菌)について

Helicobacter pylori とは?

婦人科部門

  1. 更年期障害をはじめとして、骨粗しょう症、尿漏れを中心とする排尿障害などを 幅広く治療し、中高年女性の健康維持に努めています。
  2. 不妊症、月経異常、ホルモン障害などの女性特有の悩みや疾患に幅広く対応しています。
    (体外受精は行なっておりませんが、必要な方は御希望の施設に紹介させて頂きます)