リハビリテーション部

概要

リハビリテーション科には、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士といった専門スタッフが勤務しています。 入院から退院後まで患者様が安心した生活が送れるよう、回復段階に応じたリハビリテーションを行っております。

理学療法

理学療法

病気やケガなどにより身体の機能低下をおこした患者様に、運動療法・物理療法(温熱・電気)をおこなって、 「すわる・立つ・歩く」などの普段の生活に必要な基本的な動作の回復を目指します。

作業療法

作業療法

日々の暮らしに必要な食事、着替え、排泄、入浴、料理、洗濯、 掃除など患者様の希望に沿った練習を行います。また職業復帰に必要な書字やパソコン操作、認知面に対する手工芸活動、患者様のご自宅へ伺い手すりなど福祉用具の提案も行います。

言語聴覚療法

言語聴覚療法

摂食・嚥下障害や音声障害、構音障害、失語症を含む高次脳機能障害に対し練習を行います。言語聴覚療法室だけでなく、病室で食事を食べる練習なども行っています。食べること、コミュニケーションをとることが難しい場合等にご相談ください。